失敗しないパーティードレスの選び方

友人の結婚式やビジネス上でのパーティーなどフォーマルな席で必要な「パーティードレス」。
TPOをしっかりとわきまえて恥ずかしくない選び方をしたいものですよね。
ここではドレスの種類と選び方に関する情報をお伝えします。

結婚式でのドレスは?

パーティードレスといえば、結婚式で着用するものを想像する人もいるでしょう。
昔よりも結婚式自体があまりかしこまったものばかりではないので、招待客の服装も少しラフなものでも良い傾向になってきました。
特に友人の結婚式は、基本的にNGな事を避ければ大体問題ありません。
例えば、ドレスの色は白色のものは避けましょう。結婚式での白は花嫁だけに許された色なので、参列者は着用してはいけません。また白に近いクリームやシルバー、その他白に近いピンクなどもなるべく避けましょう。もし淡い色のドレスしか持っていない場合には、濃い目の色のボレロやショールを巻くと良いです。
なお、親族として招待された場合には、控えめなデザイン・色のフォーマルなドレスが適しています。

ビジネス上でのパーティー

レセプションパーティーや会社の懇親会・交流会といったビジネス上でのパーティーではスーツ・ワンピース・パーティードレスが適しています。いずれもシックなデザイン・色合いが基本となっているので、落ち着いたものを選ぶと良いでしょう。
なお会社関連のパーティーは、自社が主催しているかゲストとして招待されているかによっても異なります。自社主催の場合には、自分はもてなす側になるため黒や紺といった落ち着いた色合いのドレスを選ぶようにしましょう。もし会場の案内役などになっている場合には、動きやすさを重視してスーツの方が良いです。
ゲストとして招待された場合には、時間帯は夜なのか昼なのか、また業種によってもドレスコードが変わります。

体型別で選ぶ

パーティードレスはTPOをわきまえることも大切ですが、自分の体型にあったドレスを選ぶことも重要です。
ドレスの中でも王道といわれる「Aライン」タイプのものは、縦のラインを強調してくれるのでスタイルが良く見えるのが特徴です。また裾にかけて広がっているタイプのドレスは身長が低い方でも全体をバランス良く見せてくれます。
「プリンセスライン」はウエスト部分での切り替えがないことが特徴で、ウエストが細く見えて女性らしさを最大限に見せる事が出来ます。
「マーメイドライン」は上半身から膝までぴったりとしていて、裾にかけて人魚の尾ひれのように広がっているので、ゴージャスな雰囲気を演出します。ヒップラインが強調されるので、大人の女性に選ばれているデザインでもあります。