シーン別パーティードレスの選び方と失敗しないコツ

女性であればお呼ばれしたパーティーで、どんなパーティードレスを着ていこうか迷う経験がある方は少なくないかと思います。そこで、今回はシーンに合わせたパーティードレスの選び方や注意することについてご紹介したいと思います。

結婚式でのパーティードレスの注意ポイント

結婚式でのパーティードレスは、白を選ぶのはタブーだということは誰でも知っていると思います。しかし、それ以外にもいくつか注意ポイントがあります。
まず、ベージュのドレスも写真に写ると白っぽく見えるので出来るだけ選ばない方が無難。かといって派手すぎる色を選ぶと花嫁より目立ってしまう心配があります。少し落ち着いた色のピンクやオレンジ、ブルー、ワインレッドなどから選んでみてはいかがでしょうか。
また昼間の挙式では特に肩を出したドレスや、露出の高いものは好ましくありません。その為、ファー素材のボレロを羽織っている方をよく目にします。しかしファー素材は動物の「殺生」を連想させるので、本当は避けた方がベター。最近はカジュアルな結婚式も多いので、問題なくなってきている傾向にありますが、食事の席で毛が飛ぶおそれもあります。ショールやファー素材以外のボレロ、または袖付きのパーティードレスを選ぶのが良いでしょう。

二次会シーンでのパーティードレスの選び方

ほとんどは結婚式の後、そのまま二次会へ行くパターンが多いかと思います。もし二次会から参加する場合や、二次会用に着替えて参加する方のパーティードレス選び方をいくつかご紹介します。
夜に行われる二次会では、少し光沢のある素材や華やかな色を選ぶのがポイントです。
また、レストランやダイニングバーなどで行われる二次会の場合は、ホテルでの二次会よりも少しカジュアルダウンしても大丈夫です。あまりに露出が高いキャミソール型やベアトップは避けた方が良いですが、ノースリーブのパーティードレスも選ぶことができます。ワンピースのドレスが苦手な方は、フォーマルなパンツスーツやオールインワンのものを選ぶのも良いかもしれませんね。

少しカジュアルシーンのパーティーでは何を着れば良い?

まず、謝恩会や卒業パーティーなどで着るパーティードレスは結婚式ほどフォーマルでなくて大丈夫です。少し上品なパーティードレスを選ぶのがベター。色はベージュやピンク系などが良いでしょう。色に迷う方は黒やネイビーなどを選ぶのが無難かもしれません。また、少し個性を出したい方は柄が入ったデザインのパーティードレスも良いでしょう。
他にも仕事関係のパーティーでは、幅広い年齢層の方が参加していることが考えられます。その為、可愛らしすぎるドレスよりもフリルや装飾のないすっきりしたデザインを選ぶのが好まれます。ドレス丈も、ひざ下くらいのものを選ぶのが良いでしょう。ジャケットを羽織るのもセミフォーマル感が出てオススメです。